こんにちは、KAORIです。

ついにきましたね、スギ花粉。
3月が花粉症のピークらしいです。
ティッシュを箱ごと持ち歩く人も結構見かけます(笑)
暖かくなるのは嬉しいですが、花粉症の時期は早く過ぎてほしいものです。

*****************************************
【 Bleu Blanc通信 Vol.12 】
■ご存知ですか?【ホワイトデーのお返しには意味がある!】
■プレゼントの参考に♪【お花と花言葉】
■歯磨きコラム【好感度がUPする笑顔】
(※注:KAORIの独断と偏見により構成されております)
*****************************************

■ご存知ですか?【ホワイトデーのお返しには意味がある!】

来週はホワイトデー!
自分用に買ったチョコがまだ残っているというのに
バレンタインからもう1ヵ月経つんですね。早い…。

さて、『ホワイトデーにはバレンタインデーのお返しをする』
というのは誰もが知っている話ですが
このイベント、日本・韓国・台湾・中国の一部などの
東アジア圏にしか存在しないってご存知でしたか?

世界では、「ポピーデー」「クッキーデー」「マシュマロデー」
「フラワーデー」などと呼ばれており、バレンタインのお返しではなく
恋人同士がプレゼントを贈り合う日なのだとか。
そもそもバレンタインデーに女性からチョコを贈るというのも
世界では一般的じゃないので、お返しをするという概念も
ないのかもしれませんね。

ちなみに、今の時代はあまり気にされていませんが
ホワイトデーのお返しにはそれぞれ意味があるんです。

★キャンディー…「私もあなたが好きです」
★マカロン…「あなたは特別な人です」
★クッキー…「友達のままでいましょう」
★マシュマロ…「あなたが嫌いです」

あれ。たしか小学生の時、お返しにクッキーをもらった記憶が…。
マシュマロじゃなくてよかったー!笑
でも、ホワイトデーにキャンディーってあんまり嬉しくないですよね…。
個人的には高級チョコが食べたいです。(←「高級」が大事!)

職場であげたチョコのお返しは何だろうと
義理だとわかっているのに楽しみなのでした♪

*****************************************

■プレゼントの参考に♪【お花と花言葉】

BleuBlanc通信Vol.9でもご紹介しましたが
今年に入ってから花のある生活を送っています。
毎週新しいお花が届くというのはワクワクするものですね。

最初はただ花瓶に花を入れるだけだったのですが
以前届いたまだ元気な花と自分なりに組み合わせたりして
バランスを考えて活けるようになりました。

お花の写真と名前、花言葉を少し
ご紹介させてください♪


白・・・ストック
「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」「思いやり」「ひそかな愛」
薄いピンク・・・スプレーカーネーション
「無垢で深い愛」「女性の愛」「熱愛」「美しいしぐさ」
濃いピンク・・・ガーベラ
「希望」「常に前進」「崇高美」


黄色・・・キンギョ草
「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」
ピンク・・・スプレーカーネーション(上の写真と同じです)
白・・・かすみ草
「清らかな心」「無邪気」「新設」「幸福」


オレンジ(左)・・・キンセンカ『オレンジスター』
「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」
オレンジっぽいピンク(右)・・・オレンジバラ
「愛」「美」「しとやか」「上品」「感銘」
後ろのツブツブ・・・ソリダコ
「私に振り向いて」「永遠の少年」


おもしろい花言葉もありますね。
同じ種類でも、色によって花言葉が違ったりもします。
元気カラーのキンセンカが意外にもネガティブな花言葉で驚きました。

お花はいくつになっても喜ばれるもの。
時には花言葉を参考にして選んでみるのはいかがでしょうか。

*****************************************

■歯磨きコラム【好感度がUPする笑顔】

職場や出掛け先など日常の中で、
どのように笑うことが多いですか?

・口を閉じたままニッコリほほ笑む
・口角を上げ、少し歯を見せて笑う

ある調査では、男性に女性の「歯を見せた笑顔」と
「歯を見せない笑顔」についていくつかの項目を尋ねたところ
7割以上の男性が「明るく見える」「印象に残る」
「異性として魅力がある」などの項目で
「歯を見せた笑顔」のほうを高く評価することが
分かったそうです。
歯は、自分をより魅力的に見せるために
効果的なパーツの一つなんですね。

写真などでも歯の与える印象は意外にも大きいもの。
お肌のケアと同じくらい、オーラルケアも
気を配りたいですね♪

*****************************************
【最後に】
歯を黄ばませる原因のほとんどが普段の食事と言われています。
着色を気にして食事を楽しめないのはもったいない。
これからも『ブラニカ』で素敵な笑顔のお手伝いが出来ればと思っています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。~KAORI~

  ←【Bleu Blanc】ホームページへ♪
*****************************************