こんにちは、KAORIです。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
連休中はお出かけ日和でしたが
なんだか急に夏!!でしたね。
前号で紫外線について書いたのにもかかわらず
日焼け止めをうっかり塗り忘れて、
ヒリヒリとものすごい日焼けに…。
悪化しないように保湿に力を入れている毎日です。

*****************************************
【 Bleu Blanc通信 Vol.16 】
■GW一人旅【そうだ、京都に行こう!】
■今年の母の日は【5月14日】です♪
■歯磨きコラム【歯ブラシの選び方】
(※注:KAORIの独断と偏見により構成されております)
*****************************************

■GW一人旅【そうだ、京都に行こう!】

ゴールデンウィークは母が東京に遊びにくるだけの予定でしたが
それだけでは休みを持て余しそうな予感。
「そうだ、京都へ行こう!」と
なんとなく思いついたその日は連休の前日。
こんな直前で空いているはずはない、
けど、もし空いてたら…行っちゃおうかな。。
と、ノリで新幹線と宿の確認をしてみることに。

「先ほど、1名分のキャンセルが出たので空いてます。」

……うそー(笑) どっちも空いてますって!
これはもう、行けってことですね!!

というわけで、本当に京都まで行ってきちゃいました!
女の一人旅です。

1泊2日で
清水寺、八坂神社、二条城、金閣寺、伏見稲荷を制覇!!
しかも祇園でひとりお寿司も行っちゃいました。

←清水寺は改修工事中。

←二条城。素敵な門構え。

←伏見稲荷。有名な千本鳥居に圧倒。

事前に調べる暇もなかったうえ、2日目には雨が…。
GWなのでどこに行っても混んでいましたが
べったべたのベタな観光ができて大満足です(笑)

初めての一人旅でしたが、案外楽しめるものですね。
次回はちゃんと計画して行こうと思います!

*****************************************

■今年の母の日は【5月14日】です♪

あさっては「母の日」。
皆さんは何かされますか?もしくは、される側でしょうか?

私は「する側」なので、先日遊びにきた母に
Francfrancのポーチとハンカチをプレゼント。
とっても喜んでくれました♪

そういえば、母の日のプレゼントといえば
「カーネーション」というイメージが強いですが
なぜカーネーションなのでしょう。


「母の日」の由来は諸説ある中で、
アメリカが発祥というのが一般的。
1907年、アンナ・ジャービズという女性が
苦労の末、自分を懸命に育ててくれた母の死を悼み
母親が好きだった白いカーネーションを
教会に飾ったのが始まりなのだそうです。

これをきっかけに、母に感謝する動きが全米に広がり
アンナの母が亡くなった5月9日(第2日曜日)にちなんで
アメリカ合衆国議会が5月の第2日曜日を「母の日」と制定。
母が元気な場合は赤いカーネーションを
亡くなっている場合は白いカーネーションを飾るようになり
やがてプレゼントとしてカーネーションを贈る風習になったのだとか。

今ではカーネーション以外の花を贈ることも増えているようですね。
どんなプレゼントでも感謝の気持ちを伝えられれば誰でも嬉しいもの。
普段は恥ずかしくても、この日だけは素直に伝えてみませんか。

*****************************************

■歯磨きコラム【歯ブラシの選び方】

皆さん、歯ブラシってどうやって選んでいますか?
例えば歯ブラシの“かたさ”にはそれぞれ特徴があり、
使用することで得られるメリットも
それぞれこんなに違うんです。

【やわらかめ】
歯ぐきの弱っている時や、歯ぐきの清掃、マッサージに◎。
ただし、プラークやステインなどを落とす力はやや弱めです。
歯の汚れをしっかり取りたい場合は
歯ぐきの状態が改善したら「ふつう」などに切り替えましょう。

【ふつう】
洗浄力もあり、歯ぐきにも大きな負担をかけない
一番オールマイティな柔らかさ。
歯ぐきをマッサージする際は力を入れずに使用しましょう。

【かため】
洗浄力が高く、プラークやステインなども
少ない力で取り除くことができます。
歯のツルツル感やホワイトニング力、爽快感などを
求める時には最適ですが歯ぐきのケアには不向き。
歯ぐきが弱っているときは
「やわらかめ」~「ふつう」に切り替えましょう。

どうでしたか?
皆さんの使っている“かたさ”は
自分にピッタリのものだったでしょうか?
ピッタリの“かたさ”を見つけて
オーラルケアをより効果的なものにしたいですね!

*****************************************

【最後に】
歯を黄ばませる原因のほとんどが普段の食事と言われています。
着色を気にして食事を楽しめないのはもったいない。
これからも『ブラニカ』で素敵な笑顔のお手伝いができればと思っています。
今号も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
~KAORI~

←【Bleu Blanc】ホームページへ♪
*****************************************